大学入学後に鬱っぽくなった理由

悲しい

私は大学進学後に鬱っぽくなりました。考えられる原因はいくつかあるので、これから大学進学を考えている人は参考にしてみてください。

 

 

大学入学が目的になっていた

 

燃え尽きる

 

私が大学進学を目指した理由は、偏差値が高い大学に入れたらかっこいいからという理由でした。なので、大学に入って勉強したいだとか、サークルに入って遊びたいという目的はあまり無く、難しい試験を突破して有名大学に合格をすることが目的になっていました。

高校3年の受験期間中は毎日勉強をして、偏差値が上がることに喜びを感じながら活き活きと生活をしていたのですが、大学に合格したら瞬間、この1年間の目標を急に失うことになったのです。

おかしな話ですが、一般的に辛いとされている受験期間が私にとっては一番幸せな期間であり、一般的に楽しいとされている大学生活が私にとっては一番辛い期間だったのです。

今考えると、俗にいう「燃え尽き症候群」というものだったのだと思います。

 

燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)、バーンアウト: Burnout)とは、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満[2]。あるいは、努力の結果 目標を達成したあとに生じる虚脱感を指す場合にも用いられる(後述)。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう[要出典]症状。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。極度のストレスがかかる職種や、一定の期間に過度の緊張とストレスの下に置かれた場合に発生することが多いと言われている。

Wikipediaより引用

 

私の場合は受験勉強という努力を1年間続けて無事合格を達成した影響で虚脱感が生じてしまったのだと思います。

その虚脱感をずるずると引きずりながら過ごしてしまったせいで、私はせっかくの楽しい大学生活を数年間無駄にしてしまったのです。(一応部活動に所属はしていまいしたが、幽霊部員でした笑)

 

全ての大学に落ちたこと

 

悲しい

 

詳しくは大学受験時の思い出写真でも書いているのですが、私は受験した8回の試験全てに不合格をもらっているのです。

なぜ進学できているかというと、現在通っている大学から補欠合格を貰ったためです。

一年間勉強したんだから、まさか自分が全ての大学に落ちるはずはないと思っており、第三志望くらいの大学からは合格がもらえるだろうと考えていました。

当時の私は唯一補欠合格をもらえた現在通っている大学を滑り止め程度に考えていたのです。(笑)

結果としては第3志望どころか第8志望にも受かりませんでした。

これは病みますよね?(笑)

ちなみに、補欠合格というのは普通の合格発表よりも一週間ほど遅れて通知が来ます。

私の場合はいきなり郵送で合格通知と入学の書類が届きました。(びびった笑)

つまり、全ての大学の不合格を受け止め、浪人に向けて頑張ろうとしている時に補欠合格が来たのです。

私は私立大学しか受験していなかったため、すぐに浪人の準備を始めていました。新宿の河合塾の説明会には2月中に参加をして、入塾の書類なども提出する寸前でした。

正直浪人するか進学するか迷ったのですが、もう一年勉強する辛さに負け、結局進学することにしました。

もう1年挑戦するという決断を選ばず、進学に逃げてしまったのも鬱っぽくなった原因の一つかもしれません。

 

肌荒れ

 

悲しい

 

これは最悪でしたね。(笑)

受験期はずっとマスクをしていたため、肌が荒れてしまったのです。

高校3年までは肌で特に悩んだことはなかったので、荒れてしまった時はとてもショックでした。

肌荒れというのは怖いもので、人前に出るのも億劫になってしまうのです。

私の人生の中で一番荒れていたのは大学入学時だったので、最悪の大学デビューになりました。(笑)

ちなみに、現在肌荒れで悩んでる人がいましたら伝えたいのですが、時間が経てば結構綺麗になります

私の場合は2年くらいずっと気にしていたんですが、肌が荒れれば必然的にケアをするようになりますし、それを続けていればいずれ綺麗になるんですよ。特に若いうちは肌の再生力も高いので心配する必要はないです!

一度荒れた肌は肌荒れを起こしにくいという話もあるので、辛いだろうけど良い人生経験だと思って耐え抜いてください!

 

詳しくはこちら↓

肌荒れ肌荒れニキビケアのオススメの方法

 

主のコメント

 

納得のいかないまま受験を終えてしまったことが主な原因でした。(学歴コンプ)

今となっては大学にこだわることよりも、在学中に何を見いだせるかが重要だと考えているのですが、当時の自分には理解できていなかったようです。

結果としては時間が解決してくれるのですが、その道中は辛いものですよね。

私なんかは知恵袋とかで同じような悩みの人を探して安心してました。(笑)

こういう心の問題は耐え忍ぶ方法が大切になってくるのかもしれませんんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です