大学の嫌いな友達と上手く接する方法

友達

私は大学入学時にとても嫌いな友達が数人できました。

大学入学時に最初にできた友達だったため、なかなか縁を切ることができずにずるずると付き合っていました。

今回はそんな嫌いな友達との付き合い方について、実体験を元に解決方法を紹介したいと思います。

 

嫌いな友達と接せざるを得ない状況になった経緯

 

嫌い

 

そもそも嫌いな友達なんか存在することがおかしくない?

嫌いなら友達にならなくて良くない?

と思う人もいると思いますが、大学生ならではの理由があるので説明したいと思います。

 

  • 入学時に輪っかが出来てしまう

大学生あるあるだと思うのですが、大学では入学時に友達のグループ化が行われるのです。

分かりやすくいうと、大学入学時に友達を作れないとずっとぼっちになり、逆に友達ができたとしても、3年間ずっとその友達と一緒にいないといけないのです!(グループ化)

もしグループから抜けようものならその後の大学生活はぼっち確定です!

つまり、大学入学時に「ぼっち」になるか、「一つのグループ」を選ぶかの二択しかないのです!

この文化は謎なのですが、途中からつるむ友達を変えたり、違うグループに属することは基本的に難しいのです。(カラーギャングかよw)

私は高校までぼっちというものを経験したことがなかったため、必然的にグループに所属することを選んだのですが、この決断が失敗だったのです。

グループに嫌いな奴が多いと大学生活終わります!(笑)

つまり、大学の悪しき文化ゆえに付き合わざるを得ない嫌いな友達ができてしまうのです

ここですぐにぼっちに転身できる人もいますが、基本的にぼっちになることは学生にとって恐怖なので、大抵の学生は転身できずにだらだらとグループに所属しています。(自分もその一人ですw)

解決方法① : 会話を減らす

 

一人

 

これはかなり有効的です!

自分からの会話を減らして相手からの会話にのみ対応するようにするのです。

大切なのは相手からの会話に対してはちゃんと答えるのです。

いきなり喋らなくなったら流石にヤバイやつになるので、段階的にまずは自分からの会話を減らしていきます。

場合によってはこの段階で程よい距離感になって、ストレスなくその後も接していけるようになります。

会話を減らすことによって、本当に大切な内容だけ伝え合うようにもなるので、無駄な絡みも消えて相手の嫌なところも見えなくなってきます。

喋るのが好きな人には大変かもしれませんが、わざわざ嫌いな友達と話そうとせず、グループ内でも仲の良い友達とたくさん話せばストレスも無いと思います。

解決方法② : 誘いを理由をつけて断る

 

予定

 

これはかなり踏み込んだ方法なのですが、相手からの誘いに理由をつけて全て断るのです。

大切なポイントが理由をつけることです!

相手からしたら付き合いが悪いと思われるかもしれませんが、理由があるのでそこまで悪くは思われません。

実際私も嫌いな友達からの誘いは全部断っていました。

授業終わりにラーメンに誘われたり、カラオケに誘われたりと誘惑は多いですが、わざわざ嫌いな友達と一緒に行く必要はありません。

違う日に仲の良い友達と行けば良いですし、大学終わりにバイトなど入れて誘惑を断つのも良いと思います。

その上、バイト先で仲の良い友達ができればバイト終わりに遊びにも行けて一石二鳥です!

私の場合は誘いを断り続けた結果、大学では関わるけど、プライベートでは関わらないという程よい距離感を保つことができました。

仲も悪くならず、むしろ程よい関係になれたので良かったと思います。

解決方法③ : 思い切ってぼっちになる

 

一人

 

会話を減らして誘いを断ってもダメなら、最終手段として自分からそのグループを抜けるのもありです。

漠然とぼっちになることに恐怖を感じている人も多いと思いますが、大学にぼっちは沢山います!

中学高校と違ってクラス単位でまとめられることは無いので、自分一人で行動した方が快適だったりします。

本当に取りたい授業があったり、他の友達に合わせるのがめんどくさいと思ったらいっそのことぼっちになるのもありです。

周りの目とか気になるかもしれませんが、大学では普通です。

むしろ大所帯で行動しているグループの方が目立ちます。

私も大学入学時は「ぼっちになること」=「大学生活の終わり」だと思っていましたが、一人で授業をとったりすると意外に快適だったりします。

中学高校ではクラスというまとまりがあるせいで、ぼっちが浮いた存在になってしまいますが、大学ではそもそもクラスみたいなまとまりが無いため浮くも何も無いのです!

主のコメント

 

私の場合は会話を減らして誘いを断った段階でとても良い距離感になったので良かったです。

この距離感で絡んでいって、意外と良いやつじゃんとか思えるようになったら自分からも会話したり、遊びに誘ったりと対応していけば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です